今回、カラメア体験ツアーという事で、はじめてカラメアを訪れました。 片道約6時間近く、山超えを繰り返し、ひたすら信号のない道を走るこの先には、どんな世界が待ち受けているのだろうかと、ワクワクと緊張が混ざりあっていました。 やっと辿り着いた場所は、カラフルで可愛らしい建物。 一目見て【かわいい?】とテンションが上がりました^ ^。 アーティステックな内装が目に飛び込んできて、迎え入れてくれたRongoの皆さんのあたたかさが私の緊張をほぐしてくれました。ニュージーランドにいるのに、日本人がいて、女性で、しかも同世代(笑)。異国の地でこんなにも親近感がわくことがあるのかっていうくらい。英語が得意でない私にとってはとても心強かったです。 4日間の滞在の中でも強く印象に残っているのがオパララ散策です。タイムスリップしたかのような大自然の中を歩くと、時間の流れがゆっくりになって、考えようと思っても、何故だか、不思議と何にも考えられなくなりました。 ただただ ぼーっとしてしまう。 でもこれが本当のoffなんだなと感じました。 草木の呼吸が今にも聞こえてきそうな気がして カラダの内面から浄化されて、優しく自然が吸い取ってくれるような感覚。 スーッと落ち着けて、そこにいる時間を大事に大事にしたくなる。 ダイナミックな自然が小さな自分を優しく包んでくれて、フレッシュなエネルギーを与えてくれました。 宿に帰って来た時のフワリとした感覚がなんともいえない感じで、 こんなに心地よい疲れははじめてでした。 思っていることを口に出せること、聞いてもらえること、ありのままを受け入れてもらえることがただただ嬉しかったです。  karameaのゆったりとした場所が、ココロを開放してくれました。 愛情こめてお料理を作ってくださったみつよさん、その料理の素材が育てられているKaramea Farm Bachesのデイブや、宿を営むPaulとさなえさんご夫婦、みんなの愛情が詰まったRongoで過ごした4日間は、まさに【夢のよう】でした。 第一弾として記念すべきメンバーになれた、特別感は、最高です。 【また行きたい】【また戻ってきたい】と思わせてくれるそんな場所です。

ー 友成 紗織

マリー 早苗

マリー 早苗

東京生まれ。2002年、夫ポールと東京で出会う。2004年、彼を追いかけニュージーランドの秘境カラメアへ移住。[...] Read More

© Copyright 2019 Raw Beauty

Karamea, New Zealand