夏のチャレンジの振り返り

夏のチャレンジの振り返り

昨年の夏、静岡県伊豆半島にある修善寺でのチャレンジは
”コーヒーで人と人・人と場所を繋ぎたい”
という想いから始まったもの。

この想いを快く汲み取ってくれたHostelknotの涼平君とキム君
本当に素敵な環境を与えてくれてありがとうございました。

ここでの生活で得たことは
【人の温かさとこれからコーヒーとの向き合い方】です。

正直、まだまだ自分の淹れたコーヒーに自信がないにもかかわらず
美味しいと言ってくれて毎朝飲んでくれたり
わざわざ時間を作って飲みにきてくれたり
道具を持ち寄って一緒に飲み比べしたり
自分自身が沢山の人と【繋がること】ができたし
【ゲスト同士が繋がる瞬間】も見ることができました。

この瞬間は本当に嬉しかったなぁ〜。

コーヒーに出会えたことと
ニュージーランドという国、そしてこの国を通して繋がった
早苗さんをはじめとした様々な人達と出会えたことで

”好きなもの・好きなことがあることは人生を豊かにしてくれる”

ということを学びました。

”コーヒーとニュージーランド”
この2つに出会ってから私の人生は大きく変わりました。

これまでいろんな趣味に手を出しては
フェードアウトして続かなかったものがコーヒーだけは違ったんです。

気がつけば仕事にしていた・・・。
本当にこんな感じです。

ニュージーランドも毎年行くほどになり、次はどこへ行こうかと
考えるだけでワクワクが止まりません。

他のものと何が違ったの??と聞かれると
正直わかりませんww

うまく説明できないのですが
やはりタイミングやその時の感情などいろいろな要素が
そこに”ガチッとハマった”からなんだと思います。

繋がる人との根底に”好きなもの・好きなこと”という共通の軸があることで
こんなにも日常は変わるんだなと思いました。

もちろん、毎日楽しいことばかりではないけれど
”こんな世界もあるんだ”ということを
知っているのと知らないのとでは過ごし方が全然違います。

【現在は過去の決断の積み重ねである】

これまであまり自分のことを好きになれなかったのですが
”コーヒーとニュージランド”に出会えたことを
この言葉に当てはめたら
こんな私も悪くないなと思うようになりました。

ーーー

出逢ってくれてありがとう

ーーー

sally

sally

■一杯のコーヒーに出会ってから人生が変わりました■美味しいコーヒーが飲みたい・美味しいコーヒーが淹れられるようになりたくてバリスタの道へ■楽しいことも辛いことも日々の思いを綴ります■ニュージーランドが大好き■31歳:初海外(NZ)→32歳:仕事を辞めて3ヶ月NZ留学
note.mu/sallyblog

© Copyright 2019 Raw Beauty

Karamea, New Zealand