私のコーヒーの楽しみ方

私のコーヒーの楽しみ方

過ごしやすい気候もつかの間、夏はもうすぐそこまで来ています。ホットコーヒーからアイスコーヒーシフトしてゆく時期ではありますが、最近はコンビニでも手軽に本格的なコーヒーが楽しめます。しかも安い。そして時短。マクドナルドは世界チャンピオンになったバリスタが監修したカフェラテを販売しているし、タリーズコーヒーはオセアニア地方で親しまれている”フラットホワイト”を出してきました。こうして各店舗が他店との”差別化”や”付加価値”を加えて売り出しています。コーヒーはそれだけのニーズ”があるということ。安くて美味しいものはもはや当たり前になってきました。加えて近年は大手チェーン店だけではなく、コーヒー専門店もジワジワと数が増えつつあります。中には1杯500円、600円するところも。コンビニ等は200円前後なのに比べて500円、600円はかなり高いです。私はどちらも大好きで、これをうまく使い分けていて、例えば出勤時には手軽に買えるコンビニで。休みの日には遠出してでも他県のコーヒー専門店に足を運び、500円近い一杯を飲みに行きます。これが何よりの楽しみ。専門店は特に”個性”を売りにしているので、店主+店の雰囲気+味が自分好みにハマった時は最高です。この”個性”は、チェーン店やコンビニにはできない専門店の<強み>でもあります。コーヒーにかける情熱とひたむきさを間近で感じ取れることのできる専門店巡り、少しマニアックかもしれませんが、マニアックな趣味や仕事こそ人に語れる”大好きなもの”でもあります。好きなものを語るときって誰もが目をキラキラさせています。あなたには人に語れる”大好きなもの”はありますか?

© Copyright 2018 Raw Beauty

Karamea, New Zealand