香りと記憶

香りと記憶

桜の香りや春の優しく柔らかい空気を感じると、
私はなぜか子どもの頃を思い出します。

映像としてでなく感覚的に。

小学一年生の頃の私…

何もかもが真新しくて、ワクワクドキドキで、
そしてちょっぴり不安で…

春のふわりとした香りと共に、その時の記憶が
息を吹き返す。

時代が移り変わり、時はどんどん流れていく。
時間は私たちを待ってはくれない。

だけど、立ち止まらせてくれるかのように
春の香りが私を纏う。

あの頃の記憶が、歳月を経た私の心を高鳴らせる。

なんだか温かくて、心地のいい感覚。

たまには過去を振り返ってもいい。

香りは記憶の軌跡。

気づけば少しずつ夏へ向かっている。

あなたはどんな香りを感じますか?

Ryoko

Ryoko

宮城県出身。一人旅をしたことで大きく人生を変え、現在は旅ライターとして電子書籍やブログを発信中。
ameblo.jp/rw87
Instagram.com/watanabe.ryoko

© Copyright 2019 Raw Beauty

Karamea, New Zealand